1. 白岩祐子・小林麻衣子・唐沢かおり(2017)「警察による犯罪被害者政策の有効性-遺族の立場からの検討」 犯罪心理学研究, 55, 15-27. jstage
  2. 白岩祐子・唐沢かおり(2017)「刑罰抑制効果の検討-“理性”重視の価値観に着目して」 人間環境学研究, 15, 25-30
  3. 白岩祐子・小林麻衣子・唐沢かおり(2016)「“知ること”に対する遺族の要望と充足-被害者参加制度は機能しているか」 社会心理学研究, 32, 41-51.  jstage 概要
  4. Tanibe, T., Shiraiwa, Y., & Karasawa, K. (2016). Opposition to popular legal participation and the reason–emotion framework: Empirical research on citizens’ attitudes toward the lay judge system in Japan. Journal of Human Environmental Studies, 14, 9-16.
  5. 白岩祐子・唐沢かおり(2015)「量刑判断に対する増進・抑制効果の検討-被害者への同情と裁判に対する規範的なイメージに着目して」 感情心理学研究, 22, 110-117.
  6. 白岩祐子・松本龍児・内堀大成・唐沢かおり(2014)「裁判シナリオにおける非対称な認知-規定因と帰結の検討」 人間環境学研究, 12, 11-16.
  7. 白岩祐子・唐沢かおり(2014)「犯罪被害者の裁判関与が司法への信頼に与える効果-手続き的公正の観点から」 心理学研究, 85, 20-28. jstage
  8. 小林麻衣子・白岩祐子・武るり子・守屋典子・山田裕子・佐伯昌彦(2013) 「少年審判における検察官関与と被害者質問の導入-その必要性と帰結をめぐる議論」 法と心理, 13, 56-60.
  9. 白岩祐子・唐沢かおり(2013)「被害者参加人の発言および被害者参加制度への態度が量刑判断に与える影響」 実験社会心理学研究, 53, 12-21.
  10. 橋本剛明・白岩祐子・唐沢かおり(2012)「経済格差の是正政策に対する人々の賛意-機会の平等性と社会階層の認知が責任帰属に与える影響の検討」 社会心理学研究, 28, 13-23.
  11. 白岩祐子・荻原ゆかり・唐沢かおり(2012)「裁判シナリオにおける非対称な認知の検討-被害者参加制度への態度や量刑判断との関係から」 社会心理学研究, 28, 41-50.
  12. 荒川歩・白岩祐子・唐沢かおり(2012)「犯罪被害者に対する理解を深めるための教育ゲーム-開発と実践」 法と教育, 2., 5-15.
  13. 白岩祐子・宮本聡介・唐沢かおり(2012)「犯罪被害者に対するネガティブな帰属ラベルの検討-被害者は“責任”を付与されるのか」 社会心理学研究, 27, 109-117.