2018年度


安部 晃司

大沼 知己

杉本 大斗

高橋 明徳

中村 美月

西  菜々子 

幅  勇介

森本 日向子

山本 竜太郎

2017年度


安西 良平  「個人特性がカルト信仰に及ぼす影響ー自己論理への執着に着目してー」

久保田 圭祐 「性質の異なる”先延ばし”によって生じるインターネット依存度の違い」

栗本 真奈  「形見が遺族の立ち直りに及ぼす影響」

清家 康博  「精神障害者に対する態度モデルの検討」

中村 美月  「発達障害という告知がもたらす自己認知の変容」

山本 竜太郎 「部活いじめが潜在化する要因」

2016年度


相川 絢   「SNS依存の原因ー既読無視と透明性の錯覚の関係に着目してー」
小田 翔太  「日本の航空会社の事故処理体制の未来」
加藤 みのり  「障害者に対するステレオタイプと新型出生前診断への態度の関連性」
加藤 優一  「自信はいかにして形づくられるのか?ー随伴経験の多寡とその原因帰属が
       自己効力感・自尊感情の形成に与える影響ー」
キム ソウ   「被害者の落ち度探しと被害者像に基づく二次被害の関係の検討」
森芳 竜太  「社会的制裁場面における第三者の制裁行動ーすでに他者が罰していることは、
       制裁行動を調整するのかー」