2018年度


安部 晃司    「放射線災害地域の食品生産者に対する応援意図の規定因」 

大沼 知己  「情動性の喚起が事後情報効果に与える影響ー事故現場の悲鳴は記憶を変容させるのか」

杉本 大斗  「介護労働者の就業継続意向ー規定因の検討」

高橋 明徳  「犯罪被害者への非人間化が同情と援助意図に与える影響ー被害者はどうして救われないのか」

中村 美月  「発達障害という告知がもたらす自己認知の変容」

西  菜々子 「死者は美化されるのかー親密な他者の死の想像が人物評価に及ぼす影響」 

幅  勇介  「男性による子育て休暇取得の規定因ー職場・家庭・個人の観点から」

森本 日向子 「代理出産と人工授精に対する人々の態度ーパターン別の検討」

山本 竜太郎 「キャリア教育の効果測定指標改善の提案-島根県立大東高等学校における取りくみ」

2017年度


安西 良平  「個人特性がカルト信仰に及ぼす影響ー自己論理への執着に着目して」

久保田 圭祐 「性質の異なる”先延ばし”によって生じるインターネット依存度の違い」

栗本 真奈  「形見が遺族の立ち直りに及ぼす影響」

清家 康博  「精神障害者に対する態度モデルの検討」

山本 竜太郎 「部活いじめが潜在化する要因」

2016年度


相川 絢   「SNS依存の原因ー既読無視と透明性の錯覚の関係に着目して」
小田 翔太  「日本の航空会社の事故処理体制の未来」
加藤 みのり  「障害者に対するステレオタイプと新型出生前診断への態度の関連性」
加藤 優一  「自信はいかにして形づくられるのか?ー随伴経験の多寡とその原因帰属が
       自己効力感・自尊感情の形成に与える影響」
キム ソウ   「被害者の落ち度探しと被害者像に基づく二次被害の関係の検討」
森芳 竜太  「社会的制裁場面における第三者の制裁行動ーすでに他者が罰していることは、
       制裁行動を調整するのか」